帯状毛穴 改善

帯状毛穴対策は早めにするのが良い理由

帯状毛穴を放っておくと、毛穴同士がつながってきてシワのように見えてきます。
こうなってしまってからでは改善するのはなかなか難しいので、気が付いたら早めに手を打つ必要があります。
もちろん老化を止めることはできませんが、肌老化は遅らせることができる”というのが最近の説です。

 

しずく型で目立ってしまう帯状毛穴の対策に必要なのは、保湿と肌のたるみの改善です。
毛穴が縦長になってしまうのは、肌内部や筋力の衰えから肌が下がってきているからとされています。
インナードライによるしぼみ肌も、毛穴が開いて目立ってしまう原因の一つです。

 

水分不足による肌痩せや肌のタルミが解消されれば、それに伴って毛穴も良い影響を受けることが期待できそうです。
肌のハリを支えるのはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸ですが、これらはサイズの関係で肌の上からつけても必要な場所まで届かないのが普通です。

 

けれども、これらを生み出す細胞の更に大元である母細胞にアプローチすることができたら…?
その効果をちょっと期待してしまいますよね。

 

美容クリニックなら化粧品より即効性のあるケアが受けられます、けれども何となく敷居を高く感じてしまいがち。
でも通販で買えるエイジング専用化粧品なら気軽に試すことができます。

 

▼ハリと弾力の元に働きかける▼

 

帯状毛穴の原因、2種類の肌老化について

 

帯状毛穴の原因は、基本的に老化です。
これは、加齢による老化もあれば、光老化もあります。

 

加齢による老化

年齢的な肌老化が進むと、表情筋の衰えや肌を支える繊維質の減少や劣化などが進んでいきます。
これらはタルミの原因であり、すなわち縦長の帯状毛穴の原因にもなります。
それに加えて肌が乾燥しやすくなり、それもまた毛穴を目立たせる原因にもあります。

 

年齢にもよりますが、皮脂が十分に出ているならば油分ではなく、保湿成分を補充したほうが乾燥対策にはいいとされています。
保湿成分というのは水分ではなく、水分をつかまえる成分のことと考えたほうがいいでしょう。
乾燥した肌より、潤った肌のほうが毛穴も目立ちません。

 

光老化

光老化は紫外線によるダメージで起こり、肌を支えるコラーゲンなどが損傷したりしている状態です。
もしも紫外線に無防備な生活をしているなら、これ以上ひどくしないためにも紫外線対策を心がけましょう。

 

帯状毛穴にできる対策はどんな方法がある?

 

真皮層のコラーゲンやエラスチンを増やすには、マッサージなどで血行を良くして新陳代謝を促したり、効果的な成分でコラーゲン生成を促す方法があります。
マッサージは逆に余計なたるみの原因になったり、シミになることもあります。クリームですべりを良くしたり、力加減や方向に注意が必要です。

 

また、コラーゲンは摂取しても効果がないといわれたりしますが、最近の研究ではそうともいえないことが判ってきているようです。
“直接的にコラーゲンを増やすわけではなく、生産をサポートするような働き”という感じです。
もちろん、顔にピンポイントでコラーゲンが増えるということはありません。

 

表情筋を鍛えるフェイササイズなども、やりすぎない程度にコツコツ試してみてはどうでしょうか。
ただし、やりすぎると筋肉が目立ちすぎたり、誤った方法だとシワが増えることがあるようですので注意したほうがいいかもしれません。

 

簡単な方法はやっぱり化粧品ではないでしょうか。
ハリと弾力の母細胞である真皮幹細胞に働きかけて、コラーゲンの生成を促すエイジングコスメにはアンプルールがあります。

 

トライアルからはじめられる>>シワ・たるみ・ゆるみ毛穴対策キット

 

 

更新履歴


このページの先頭へ戻る